1.適用範囲

この規格は、下水道に使用する球状黒鉛鋳鉄製グラウンドマンホールφ600(以下GMという)について規定する。

2.種類

GMの種類は、表-1のとおりとする。

表-1 種類
種類記号主な使用場所
1種T-25道路一般
2種T-14歩道又は大型車の交通の少ない車道

3.製造方法

3-1 概観

GMは、有害な傷がなく、概観が良くなければならない。

3-2 過重強さ

GMは、8.に規定する荷重試験を行った場合、表-2に示す基準値を満足しなければならない。

表-2 荷重試験の基準値
種類記号集中荷重(Kn)たわみ(mm)残留たわみ(mm)破壊荷重(Kn)
1種T-252102.2以下0.1以下700以上
2種T-14120400以上

4.構造・機能

4-1 がたつき防止

GMは、カバー(ふた)とフレーム(枠)(以下カバー、フレームという)との接触面を機械加工し、急勾配受けとし、カバーのがたつきを防止できる構造でなければならない。

4-2 カバーの逸脱防止

GMは、カバーの逸脱防止の為、カバーとフレームとをちょう番、鎖等にて連結した構造でなければならない。

5.形状、寸法

GMの形状、寸法は図1のとおりとする。許容差については、JIS B 0403(寸法交差方法方式及び削り代方式)の並級以上とする。

6.材質

GMのカバー及びフレームの材質はJIS G5502に規定する球状黒鉛鋳鉄品と同等以上とし、8.に規定する試験を行った場合、表-3の基準値を満足しなければならない。

表-3 材質の基準値
材質引張強さ(N/mm2)伸び(%)硬さ(HB)黒鉛球状化率(%)
カバーFCD700700以上5~12235以上80以上
フレームFCD600600以上8~15210以上80以上

7.塗装

GMの塗装は、内外面を清掃した後、乾燥が速やかで、密着性に富み、防食性及び対抗性に優れた塗料で塗装しなければならない。

8.試験方法

8-1 材質試験

JIS G 5502に規定された供試材を予備を含め3個鋳造し、その内1個の供資材を、、引張り・硬さの試験片に仕上げたものにより試験する。

8.1.1 引張り・伸び試験
供試材よりJIS Z 2201の4号試験片に仕上げたものをJIS Z 2241の金属材料引張試験方法に基づき、引張強さと伸びの測定を行なう。
8.1.2 硬さ試験
供試材より作成した試験片を、JIS Z 2243のブリネル硬さ試験方法に基づき硬さの測定を行なう。
8.1.3 黒鉛球状化率判定試験
GMのカバー裏面中央のリブ又は指定箇所及びフレーム上面良く研磨し、JIS G 5502の10.7黒鉛球状化率判定試験に準じて黒鉛球状化率を判定する。

8-2 荷重試験

GMは図2に示す試験方法により荷重試験を行なう。
GMのカバーの中央に厚さ6mmのゴム板を敷き、その上に長さ200mm、幅500mm、厚さ50mmの載荷板を置き、この箇所に集中荷重を加圧して、カバー、フレームの勾配面喰込現象を保持させ除荷重後、正式に行なう。荷重試験は、上記の状態を保持したまま、この箇所に集中荷重を60秒間加圧し、この加圧時間中におけるカバーの中心のたわみ及び荷重を取り去った時の残留たわみを測定する。

8-3 破壊試験

8-2と同様の方法で破壊荷重について測定を行なう

9.検査

9-1 検査項目

検査は、外観、形状、寸法、構造・機能及び材質、荷重、破壊試験について行なう。

9-2  外観、形状、寸法、構造・機能

外観、形状、寸法及び構造・機能の検査については、50個又はその端数を一組として各組ごとに任意に1個を抜き取って検査を行ない、3-1及び4.及び5.の規定に適合すれば、その組全部を合格とする。

9-3 材質試験

JIS G 5502に規定する試験方法(連続生産の場合2時間溶解量を1バッチとする)により行ない、表3の基準値に適合したものを合格とする。
また、製品の黒鉛球状化率試験については、9-4の荷重試験を行なった製品について行い、表3の基準値に適合したものを合格とする。

9-4 荷重試験

荷重試験は、1カ月生産数を1ロットとし、そのうち1個について8-2の荷重試験を行ない、3.2の規定に適合したものをその組全部を合格とする。

9-5 破壊試験

破壊試験は、1カ年生産分を1ロットとし、そのうち1個について8-3の破壊試験を行ない、3-2の規定に適合したものを合格とする。

9-6 再検査

9-2~9-5の検査で不合格となった場合は、再検査を行なうことが出来る。再検査は、その組の残りの中から2個を抜き取って行ない、2個とも合格すれば、不合格分を除いたその組全部を合格とする。
なお、1個でも合格しない場合は、その組の残り全数の検査を行ない、個々の合否を判定する。

10.表示

GMのカバーの裏面に容易に消えない方法で、次の事項を明示しなければならない。
(1)種類の記号
(2)材質記号
(3)製造業者名又はその略号
(4)製造年(西暦下二桁)

図1 グランドマンホール
図2 静過重試験装置