メンテナンス

MAINTENANCE

フロントドア関係


 ドア部ヒンジのメンテナンス

ドアのヒンジは1年間使用しますと、動きが重くなる場合があります。
その場合は一旦取り外して、焼き付き防止グリスを塗布します。



①天板を右回りで浮かして少しずらします。



②フロント扉を90度開いた状態で、上に持ち上げ取り外します。※フロント扉が軽く上に上がらない場合は、ヒンジ部にCRCを塗布して、数分後に持ち上げて下さい。



③ヒンジ部に焼き付き防止グリスを少量塗布して下さい。



④フロントドアを取り付けます。取り付け時にワッシャーを無くさないよう元の位置に入っているのを確認します。
 
⑤天板を元に戻しはめこみます。


 ※ドアヒンジを止めてあるボルト⑬は外さないで下さい。一旦外すと組み付け時に専用の治具がないとヒンジが正しく付けられません。ヒンジが斜めの状態で使用すると、ドアの取り外しが出来なくなります。(かじって動かなくなります。)
 

 フロントドア ガスケットロープ

<点検>



ガスケットロープを目視て、切れ・剥がれがないか点検します。ガスケットロープ部に千円札をはさみ、ドアを閉めた時に千円札が抜けないか確認します。場所を変えて左右上下数カ所同様のテストを行い、千円札が抜けてこなければOKです。抜けてくる場合は、調整又は交換が必要です。

 
<調整>
スペーサーを取り外して密着度をあげます。(スペーサーのない場合は調整できません。)



①ドアを開いて㉔番のボルトを6mmの六角レンチで外します。※緩まない場合はCRCを使って下さい。



②スペーサーを1枚外して下さい。※スペーサーが1枚も入ってない場合はこの調整はできません。ガスケットロープを交換して下さい。



③ボルトを取り付けて下さい。※取り付け時に焼き付き防止グリスを少量塗布して下さい。


もう一度、お札を使った点検をして下さい。
※ドアの閉まり具合が固い場合は、スペーサーを追加してみてください。
※スペーサーがない場合は販売店よりご購入下さい。
 
 
<交換>
ガスケットロープを交換します。必要な工具・交換パーツを用意して下さい。


 

・交換パーツ、工具
1/2ガスケットロープ
ガスケットロープ用ボンド(RUTLAND 76RT/76B/77E/78E)
ワイヤーブラシ(歯ブラシ程度のサイズ)
スクレーパー(先が1nm程のもの)



①ドアを取り外します。(手順はドアヒンジの項の1~2を行って下さい。)
②ドアをテーブルなどの水平に作業できる場所に置きます。



③ガスケットロープを外します。



④外した跡をスクレーパー又はワイヤーブラシを使って掃除します。※耐熱塗料面にガスケットボンドは固着力が弱い場合があります。シリコンボンドを使うか、塗装面をシンナー等で塗装を落として下さい。



⑤ガスケットボンドを塗布します。



⑥ガスケットロープを引っ張らないように、ねじらないように、溝に沿ってボンドの上を這わせます。



⑦一周回したら少し重なるくらいで切断します。ほつれがないようにきれいに収めます。


⑧ドアヒンジの項の3~5でドアをはめ込みます。
⑨フロントドアを閉めた状態で、ボンドが固まるのを待ちます。
<調整>を参考にして、フロントドアの調整スペーサーの枚数を増減します。

 フロント扉ハンドルの遊び調整


フロント扉のハンドルの握り玉を、上下させ動きにガタがないか確認します。ハンドルを上にあげ、手を離した時に、ストンと落ちる場合は調整が必要です。26番のストッパーボルトを締めて下さい。また、初期のロットの製品にはスプリングワッシャーが入っていない機種があります。入っていない場合はスプリングワッシャーを1枚入れて下さい。