上下水道用異形管、上下水道・ガス・情報通信・電力用鉄蓋、景観材料、ガス燈 薪ストーブ、金型部品、素形材の製造販売
技術文書

鋳造作業法

第16章 溶解に起因する欠陥

第1節 主として溶解に起因する欠陥 鋳物の不良原因というものが、単独にこれは鋳造法案が悪いとか、鋳込温度が低すぎるとか、溶湯が酸化しているとか、一概に決め難いものであって、したがって溶解に原因があると同時に、方案にも不適 …

第15章 鋳込作業

第1節 鋳込準備作業について知っていること 溶湯を鋳込むに当って、次のようなことを心掛けねばならない 1.鋳型温度 溶湯を鋳込む際の三大要素は、鋳込温度、鋳込速度とこの鋳型温度である。一般に鋳込温度や速度には、関心を持っ …

第14章 鋳鉄鋳物用溶解法

第1節 主なる鋳鉄溶解炉の種類及用途 一般に金属の溶解炉としては、キュポラ、ルッポ炉、反射炉、回転炉、アーク炉、誘導電気炉、平炉、転炉などであるが、その溶解する金属によって、鋳鉄用、鋳鋼用、銅合金用、アルミ合金用、その他 …

第13章 鋳型乾燥

第1節 意味 一般に水分を除去することを乾燥というが、粘結剤の種類によっては、油、セメントの固化、樹脂、プロセスなどの硬化処理も鋳型乾燥と考えられる。 第2節 種類 用途その他によって分類すれば、つぎのようになる。 1. …

第12章 鋳鉄の後処理

製品を鋳型から取り出し、砂ばらし機によってだいたいの砂を落としたものをさらに鋳肌を清掃し、製品を仕上げる機械で、清掃の方式によって分類すれば下記のようになる。 遠心方式 ショットブラスト 圧縮空気式 エアブラスト サンド …

第11章 塗装材

注湯の際鋳型の表面が溶湯の熱にさらされ、破壊されやすい状態になる。この状態を防ぐため、鋳型の表面に種々の塗装を行なう。この塗装することを塗型という。又この材料を塗型剤という。塗型剤は、耐熱性、附着性、被覆性、通気性、反応 …

第10章 鋳物砂

第1節 鋳物砂の一般的概念 砂、粘土は岩石の物理的および科学的な風化によってその粗成が構成される。しばしば砂は粘土と密接に接触して発見される。この場合には砂や粗土の混合物は採掘されたままで鋳物砂として使用される。 つまり …

第9章 鋳物に生ずる欠陥の種類・原因・防止方法

第1節 造型方法に起因する欠陥 1. 吹かれ Fig177 ガス吹かれ ガス吹かれ(ブローホール) ガス吹かれ 突き出た砂角に出るブローホール 内面平滑で直径2~3mm以上のブローホールで、表面に露出しているものと密 …

第8章 鋳造法案

模型のつくり方、鋳物砂の配合、主型や中子の造型方法および鋳込系統などの問題はすべてこの鋳造方案に含まれている。一般には単に鋳物の鋳込系統のみについて考えるものを狭義の鋳造方案として区別している。 第1節 湯口方案の機能・ …

第7章 中子製作の作業方法と中子の納め方

中子造型は、各種の方法により作られる。特に量産の場合においては、コアブローイングマシンを用いて作るが、これより比較的大きくなるとロールオーバマシンを用いて中子を造型する。特に最近CO2プロセスを利用して、手込めで困難なも …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Okamoto Co.,Ltd. All Rights Reserved.