上下水道用異形管、上下水道・ガス・情報通信・電力用鉄蓋、景観材料、ガス燈 薪ストーブ、金型部品、素形材の製造販売

沿革

沿革

大正12年6月15日会社設立
現在地にて社名「㈱鍋屋鋳造所」と称する。
昭和15年 9月社名を「㈱岡本鋳造所」に変更し軍需工場の体制を整える。
19年 9月隣接地に第2工場を建設し名古屋造兵廠専門工場とする。
22年 2月第2工場新会社として分離独立。本工場を㈱岡本鋳造所、第2工場を㈱鍋屋鋳造所と称する。
鍋釜生産、東南アジア向けの輸出に力を入れる。
27年 8月角丸長洲風呂生産活発化
34年 4月認定事業内職業訓練所(鋳造科)開設、米国向け琺瑯製品の生産活発
37年10月現会長、取締役社長に就任
39年 4月日本計量証明事業所登録認可
43年 1月低周波誘導電気炉設置、生型プラント工場(一部2階500坪)改築
45年 4月厚生センター完成(延建坪921㎡4階建)
6月東京営業所開設、メカニカル異形管拡販、低周波誘導電気炉増設
46年 9月15ton都市ガス焼鈍炉の新設、工作機械鋳物・ボルトの製造開発
48年 6月社名㈱岡本に変更、現会長第15代岡本太右衛門襲名
本店所在地を羽島郡岐南町三宅に移転登記、本社ビル新築完成(4階建)、下川手出荷センター完成(面積1683㎡)
49年 4月低周波誘導電気炉増設、真正分工場 加工工場増設(500㎡)、ダクタイル異形管増産体制をとる
51年 1月大阪営業所開設
8月九州営業所開設
52年 2月ラック方式による立体式出荷センター完成
53年 6月真正町管材出荷センター完成(2,145㎡)
54年 1月中国営業所開設
4月発光分光分析装置設置
7月粉体塗装工場完成
56年 4月神戸出張所開設
57年12月ガス焼鈍炉更新
58年10月真正町加工専門工場にMC加工機導入、四国出張所開設
59年 6月中子取工場完成
 9月九州営業所社屋新築完成
60年 4月低周波炉コンピュータ管理システム設置
7月精密複合門型プレーナー設置
61年 1月揖斐分工場開設
62年 2月センターレス、MC加工機設置
10月真正町建材出荷センター完成
63年 3月第2粉体塗装工場完成
6月球状黒鉛鋳鉄品日本工業規格表示許可工場となる
平成元年 7月エアーインパルス方式、DISA・BMD造型ライン完成、高層多層化式砂処理プラント完成
2年 3月新フラン自硬性ライン(ボールサンドプロセス)完成
8月MEKA自動鋳湯機導入
11月(財)素形材センターより素形材産業環境優良工場として表彰
3年 4月日本下水道協会認定工場となる(異形管)
5年 2月ガスファーネス委託研究完了
4月日本下水道協会認定工場となる(グラウンドマンホール)
6年 2月新東京営業所開設
5月(社)日本瓦斯協会よりガス技術賞を受賞
7月 2月大型耐圧試験機設置
10月岡本太右衛門代表取締役会長就任、岡本知彦代表取締役社長就任
8年 5月現会長日本鋳物工業会会長に就任
7月インターネットホームページを開設
10年 2月NS形ダクタイル鋳鉄異形管に着手、三次元測定システムを設置
11年 9月ISO14001認証取得
12月新粉体塗装ライン完成
13年12月東京営業所を浜松町に移転
17年 3月高周波電気炉導入
9月NOVAシステム(溶湯熱解析システム)の導入
18年 6月「NHKスペシャル~長寿大国にっぽん~」放映
19年 2月「ビジネス未来人」「水トク!関口宏の日本を探しに行こう2」放映
23年 9月ISO9001認証取得
24年11月薪ストーブ「AGNI」発売
25年10月GX形ダクタイル鋳鉄異形管に着手

 

お問い合わせ TEL 058-271-7251 株式会社 岡本 営業部

PAGETOP
Copyright © Okamoto Co.,Ltd. All Rights Reserved.